info_page

くすりの話


薬歴管理

処方せんを調剤する薬局での「薬歴管理」は、医薬分業のメリットはこれにつきると思われるほど、たいへん重要なシステムです。

薬歴簿には、患者さん個々について使用した薬の量と期間、ならびにその結果得られた効果、また、副作用などが生じた場合には、状況およびその際とった処置など、それらの経過を追ったものが記載されています。

そのほかにも、使用した薬についての医師や薬剤師からの情報だけでなく、患者さんが薬を飲むのに不都合はないかとか、どんな食品を食べているかなど、患者さんからの情報も記載されます。そして、その中からよりよい処方設計のために必要と思われる情報については、処方した医師にフィードバックします。

また、体力の衰えとともに今日は内科、明日は整形外科と複数の診療科をかけもち受診されるお年寄りなど、とくに複数診療科からの重複処方のチェックは大切です。

たとえば、整形外科の医師に書いてもらった処方せんを、薬歴管理してもらっている薬局に持っていきます。すると、二日前に内科の医師が書かれた処方の風邪薬と、今日持ってこられた処方せんの中の痛み止めに同じ作用の薬が入っていることが、薬歴簿で分かります。そこで、薬剤師はそのことを医師に連絡し、処方を変更してほしい旨を伝えます。これも薬歴管理の大切な役目、重複投与のチェックです。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4