info_page

くすりの話


かかりつけ薬局

糖尿病の薬を飲んでいる人は、食事はもちろんのこと、薬も医師の指示なしに勝手に飲むのは危険だといわれます。というのは、薬局で売られている比較的作用がやさしい鎮痛剤でさえ、一緒に飲むと危険な低血糖の症状をおこすことになるからです。処方せんは信頼のおける薬剤師がいる薬局に持っていき、医師が処方する薬だけでなく、薬局で買って飲む薬も一緒に管理してもらうことが大切です。

薬局の機能はただ薬を売るだけでなく、薬の副作用を防ぎ、その効果を十分に発揮できるように指導することです。

病気のことだけでなく、何でも相談できる”ホームドクター”を持つことが、医者への賢いかかり方といわれます。薬についても気軽に相談できる”かかりつけ薬局の薬剤師”を持つことが、薬との賢いつきあい方といえるでしょう。

世はまさに健康ブーム。長いあいだいい伝えられてきた民間薬をはじめ、「○○療法」とか「○○で治った」など、健康情報があふれています。それらの情報を整理し、必要なものだけをセレクトするお手伝い。かかりつけの薬局の薬剤師に任せてくださいませんか。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4