info_page

くすりの話


こわい!赤ちゃんのたばこ中毒

パパ!またたばこを置きっぱなしにして...。ついこの前、赤ちゃんが口に入れて大騒ぎをしたばかりなのに。

例年、赤ちゃんの誤飲事故の不名誉なトップの座をゆるぎないものにしている”たばこ”。

たばこの急性中毒は、その中に含まれるニコチンでおこります。ニコチンは強力な神経毒。口や胃腸の粘膜、または皮膚などから吸収されて中毒症状をおこします。軽い中毒でも吐き気、嘔吐、めまい、頭痛、よだれを流す、下痢などの症状。重い中毒になるとそれらの症状はさらに強くなり、精神錯乱・言語障害、そしてけいれんをおこし、ついには呼吸まひで死亡するという、たいへんこわい中毒です。

ニコチンの致死量は、成人で30〜60ミリグラム、小児では10〜20ミリグラムといわれています。理論的には成人で2本、小児で2分の1本の紙巻きたばこを食べると、致死量のニコチンを飲んだのと同じことになります。しかし、実際にはたばこからニコチンが溶けだして、胃腸から吸収されるのにかなりの時間がかかること、そして最初に吸収されたニコチンの作用で吐き気がおこり、多くは吐き出してしまうことから、食べた量がわずかだったり、紙をちょっとしゃぶった程度ならあまり心配はいりません。

しかし、灰皿代りに使われた缶に半分残っていたジュースや、たばこの浸った水を飲んだ場合にはニコチンの濃度も濃く、吸収も速いので、とても危険です。死亡例もありますので、牛乳や湯ざましなどを飲ませて吐かせ(1、2度試みて吐かない場合は無理をしないで)、できるだけ早く医師の処置を受けてください。

このように小さな子どもにとって、放置してあるたばこは本当に危険です。

大切な家族のためにベランダで、”ほたる族”しているお父さん、たばこの始末もしっかりお願いしますね。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4