info_page

くすりの話


花粉警報が出たらマスクをどうぞ

朝、娘の部屋から聞こえてくる、何ともけたたましい音。ハックション ハクション!

またまた、やってきました花粉症の季節です。

お掃除?「花粉症が出るから、お母さんお願い。布団干し?「それも、お願い」と、 何もかも花粉症のせいにして押しつけようとのミエミエの魂胆。負けてられますか、とば かリに取り出したのは、花粉症用のマスクです。

くしやみ、鼻水、目のかゆみや充血、頭痛などやっかいな症状の花粉症。朝早くから天 気がよくて、乾燥し、風が強い、とくに雨あがりの翌日などは要注意。午前10時と午後4時時前後がピークです。なにせ、お掃除や布団干しにマル適マークの日にかぎって花粉警報が 発令されます。

シーズン前から飲むことで、花粉症に予防効果が期待される抗アレルギー薬。この薬も、スギ花粉が大量に飛ぶ場合の効果のはどは、いまいち不十分。また、根本的治療法とされ る減感作療法(げんかんさりょうほう)。これも、2年以上治療を継続しないと、あまり効果がないといわれていま す。

そんななか簡単で、安くて、そのうえ予防率はなんと90パーセント、よいことずくめ のマスクです。たかがマスクぐらいで、本当に花粉症が防げるの? と疑ってはいけませ ん。

たしかに、普通のマスクでは少し弱いのですが、ガーゼを20枚くらい重ねて、厚めに するだけで大丈夫。また、内側に水で湿らせたガーゼを1枚重ねて使えば、二百円ので十 分です。

市販されている花粉症用マスクには、静電気フィルター、活性炭入りフィルター、不織 布タイプなど、特珠加工がされています。

花粉だけでなく、微生物やタバコの煙、ホコリなどもシャットアウトできるすぐれもののマスク。  効果のほどについては、娘に使わせ、やれ掃除じゃ、ふとんタタキじゃと、さんざんこ き使ってみて立証ずみです。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4