info_page

くすりの話


妊娠中でも医師の指示で飲む薬は怖くない

ママ、こんにちは!ママはこの前の定期検診で、お医者さまから「貧血だからこの薬を飲んでください」といわれたでしょう。ママはどうしてその薬を飲まないの。薬が怖いのかな?ママが貧血だと、ぼくは元気で大きくなるのがとてもつらいんだよ。

あなたのおなかの中の赤ちゃんが一生懸命にいっているのが聞こえますか。

妊婦さんの中には、薬を飲むと奇形児が生まれるのではないかと、”薬”と聞いただけで拒否反応をおこす人がいます。

もちろん、むやみに薬を飲むのは避けたいこと。だからといって、医師から指示された薬まで怖がって飲まない、というのはいけません。たしかに催奇形性があるといわれている薬もありますが、お医者さんは専門家。ちゃんと考慮して薬を選んで使います。

ところで、妊娠中であっても飲むことが多い薬といえば、やはり風邪薬と抗生物質でしょう。

風邪薬は数日間飲んだくらいではまず大丈夫。心配はいりません。痛み止めも同じです。また抗生物質も、最近よく使われているペニシリン系やセファロスポリン系のものは、妊婦の全期間を通じて比較的安全だといわれています。

だけど、いちばん大切なことは、風邪の予防に心がけること。そして風邪をひいたばあいも、まずは安静・保温・栄養の補給に努め、薬は必要最小限に。

おなかの赤ちゃんは、1、2度飲んだ薬のことをあれこれ心配するママよりも、すてきな音楽を聴いているママの方が大好き。

お母さん、元気な赤ちゃんを生むため、医師から必要だと指示された薬はキチンと飲んでくださいね。

これは妊娠中、貧血の薬をず−っと飲み続け、今にして思えば、元気なだけが取り柄?の子を出産した先輩お母さんからのアドバイス。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4