info_page

くすりの話


抗生物質。夜中服用でも安眠優先

急に熱を出して病院でもらったこの薬。9時に飲ませたから、次は夜中の3時。困ったなあ。グッスリ眠ってる子を起こさなければいけないのかしら?

薬の中には「1日4回、6時間おきに飲んでください」などといわれる薬があります。このように「何時間おき」と、飲む時間が決められている薬のほとんどは抗生物質。

ふつう、薬を飲む時間は、食前とか食後が多いのですが、抗生物質は食事とは関係なく、その種類によって6時間おきとか、8時間おきというように時間で決められています。

一般に薬の効果は、その薬が血液のなかにどのくらい含まれているかというと「血中濃度」で決まります。

とくに抗生物質は、血中濃度をある一定量以上維持することが必要です。そのためには時間を決めて飲んだほうが、少ない量でより大きい効果が期待できることになります。

重い病気の場合は、夜中でも飲まなければいけませんが、自宅で薬を飲めばいい程度でしたら、夜中に起きてまで飲む必要はありません。寝る直前に飲んで、次は朝、目が覚めてすぐ飲めば大丈夫。

最近では、夜中に起きなくていいように、1日に1回か2回飲めばすむ、薬の効きめが長い抗生物質もあります。

それから、もうひとつ大切なこと。抗生物質は、熱が下がったからといって、すぐに飲むのをやめてはいけません。お医者さまに指示された期間、きちんと飲まなければいけない薬なのです。

眠くてたまらないのに、無理して起きて薬を飲むのと、グッスリ眠って体を十分に休めるのでは、どちらが効くかな・・・。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4