info_page

くすりの話


守ってほしい薬の服用時間

「おひかえなすって!薬の飲み方といってもいろいろござんす。食前・食後・食間と」。”トラさん”だったらきっとこう言うのでしょう。

食前は胃の中に食べ物が入っていないとき(食前1時間〜30分)。食後は胃の中に食べ物が入っているとき(食後30分以内)。食間は食事のあいだ(食後約2時間)が目安です。

この中で、食前と食後は分かりやすいようですが、食間については食事中、、すなわちごはんを食べて薬を飲んで、おかずを食べることだと思っている人もいるようです。

くれぐれも、枝豆のかわりにカプセルを”つまみ”にしてビールを飲むようなことはしないで下さい。

たとえば胃腸薬には、食後に飲むものと、食間に飲むものがあります。食後に飲むのは、食べ物の消化を助ける消化剤が入っているので、胃の中に食べ物が入っていないとあまり効果がありません。そして痛んだ胃壁に直接作用して、炎症を治める働きをするのは食間に飲む胃腸薬。胃に食べ物が入っていない、空腹どきにこそ最大の効果を発揮するのです。

このようにとても大切な薬の服用時間。できるだけ守るようにしてください。

しかし、「あっ、食前に飲む薬を飲むのを忘れた」−こんなときはどうしましょう。もちろん食前に飲んだほうがいいに決まっていますが、たとえ食後であっても、思い出したときすぐに飲んだほうがよい薬と、一回とばして次の回から、飲んだほうがよい薬があります。あなたのためを思って決められている服用時間。

まるで、優しい”サクラさん”みたいですね。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4