info_page

くすりの話


薬の効きめを左右するお酒

お酒は食品だと思いますか。それとも、”百薬の長”などと申しますから薬でしょうか。ピンポーン!実はどちらも正解です。

お酒は食品ですが、当然のことながらアルコールが含まれています。そのため、薬と同じような作用をもつ化学物質ともいえるのです。それだけに、他の食品よりも、お酒と薬の飲み合わせには注意が必要です。

たとえば、高血圧や糖尿病の薬は、アルコールで効きめが強くなります。血圧を下げる薬の場合には、血圧が下がりすぎてフラフラしたり、吐き気がしたりします。そして血糖を下げる薬は、血糖値が下がりすげてショックをおこしたり、こん睡状態になったりするおそれがあります。

同じようにとても危険なのが、精神安定剤や睡眠薬。「命が惜しかったらお酒を飲むな」といわれるくらいです。これらの薬とお酒を一緒に飲むと、ほとんどの人は酔っ払った感じが強くなります。

しかし、それぐらいですめばよいのですが、ひどい場合には、呼吸が苦しくなったり、ショック症状をおこすこともあります。

また逆に、抗てんかん薬ではけいれんを抑える作用が弱められ、効きめが悪くなります。「薬はきちんと飲んできたのに具合が悪くなった」ということにもなりかねません。

せめて、お酒を飲む前後二時間は、できるだけ薬を飲まないようにしてください。

お酒を飲む前に飲む二日酔いしない薬ですか?絶対にのみすぎないぞ!との”重大な決意”。これしかありませんね。

そういえば、できない重大な決意で総理大臣を辞めた人もいましったけ。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4