info_page

くすりの話


薬は赤ちゃんが飲みやすい方法で

子どもが、薬をいやがって飲んでくれない。こんなときはお母さんの方が泣きたくなりますが、飲んでもらってこその薬です。どんなによく効く薬でも、飲んでもらえなければただの粉。メリケン粉と同じです。

子ども用の薬としてよく使われるのが、ドライシロップ剤。水に溶かして、ジュースにして飲むことができる粉薬。そのままでも、十分すぎるくらい甘く、おいしい薬です。

ところが、見ためにはドライシロップ剤と同じように見える顆粒剤もあります。顆粒剤の中には苦い薬を細かい粒にして、その小さな粒、一つ一つに砂糖をまぶして、あたかも甘い粉薬のごとく作られているものがあります。水に溶かして、すぐ飲む分には甘い薬とだまされますが、時間がたつと化けの皮がはがれ、苦くなります。

一見すると、ドライシロップ剤か顆粒剤かの見分けはつきません。粉薬を水に溶かして飲ませるときは、できるだけ素早く飲ませるのがコツです。

そして、いちばんの嫌われものが下痢止めの粉薬。水に溶けにくいうえに、味も悪いので、なかなか飲んでくれません。

乳幼児には薬を少量の水で練り、上あごに塗って、すぐに湯ざましを飲ませると、上手に飲んでくれます。

幼児には、アイスクリームやジャムなど、本人が好きなものに混ぜて。ただし、蜂蜜だけはボツリヌス菌混入の心配がありますから、赤ちゃんには要注意。一歳をすぎれば、抵抗力がつきますので大丈夫です。

水薬は一回分をスプーンにとり、赤ちゃんを片手で抱いて、タイミングよく口の中に流し込みます。また、スプーンをいやがる赤ちゃんには、寝かせたままで、スポイドを使って舌の上に落としてやるのもよい方法です。

お母さん、頑張れ!赤ちゃんの病気になんか、負けないでね。


「くすりの話」へ戻る

ホームへ戻る


▲Page Top


main_b_4